ニキビ解消 フェイシャルエステ

ニキビ解消なら皮膚科よりエステがおすすめ

ニキビが出来たとき、自宅ケアだけで治らない場合は皮膚科かエステサロンに行くことをおすすめします。 どちらが良いかというと、長期間ニキビに悩まされている場合は皮膚科よりもエステサロンの方が良いでしょう。

皮膚科は確かにニキビ改善には良いですが、ひどく悪化したニキビや炎症を起こした場合に良いところです。 その反面エステサロンは、肌質を改善してくれるのでなかなか治らないニキビや一度治ってもすぐにできるニキビを改善するのに効果的なのです。

また、エステサロンではニキビケアはもちろんリラクゼーション効果も実感することが出来ますし普段の食生活や生活習慣にも相談に乗ってくれます。 そのため美意識を高めることが出来、普段からニキビが出来にくい生活を心がけることが出来るのです。

皮膚科の方が即効性があると思われがちですが、なかなか治らないニキビを改善したい場合はエステサロンに行き足りない栄養を補い、原因を突き止め、相談をしながら施術を行うことが出来るのでおすすめです。 重度のニキビは治せませんが、肌質から改善したい場合にはお勧めなのです。

エステのニキビコースの施術内容は?

エステサロンではさまざまなニキビケアの施術を行っています。 サロンによってケア方法は違いますが、ここではよくエステサロンで行われているニキビケアの方法について説明いたします。

まず、エステサロンの施術はクレンジングから始まります。 人によっては普段のクレンジング不足が原因でニキビが出来る可能性があるので、しっかりとクレンジングをすることで肌内部にこびりついた汚れを除去することが出来、肌状態を改善することが出来るでしょう。 低刺激で優しくしっかりとメイクをオフしてくれます。 また、クレンジング後にトーナーなどを使い毛穴につまった汚れもきちんと拭き取ってくれるでしょう。

肌をキレイにした後は浄化シートやフェイシャルパック、マッサージなどの施術をしていきます。 リンパをマッサージすることで栄養が流れやすくなりニキビ改善効果が高まりますし、ビタミンを肌に取り込んだりイオン導入をすることでニキビケアに必要な栄養をぐんぐん送り込むことが出来るのです。 エステサロンによってはピーリングをして肌を生まれ変わりニキビケアをする場合もあります。

ニキビのケアを間違うとシミになることも

ニキビケアを間違うと、シミになってしまうことがあるのです。 なぜかというと、ニキビが悪化したり放置したり間違ったスキンケアを続けていると、ニキビ跡になってしまい色素沈着となり、そこからシミになってしまう可能性があります。

ニキビ跡から起こる色素沈着は紫色もしくは赤黒か、茶色になることがあるのです。 紫色や赤黒いニキビ跡になるのはニキビのダメージが悪化していたときや内出血が起こった時におこる現象です。 見た目はあざのようになっていることが多いでしょう。 ニキビのせいで皮膚が薄くなってしまい、そのせいで内部の出血が見えてしまい紫色や赤黒く見えてしまうのです。

茶色い色素沈着は、ニキビ跡を放置したせいで起こることが多いでしょう。 ニキビ跡が出来ているのに紫外線を浴びたりそのままの状態にしていると完全にニキビ跡を治すことが出来なくなり茶色く残ってしまうのです。 茶色く肌の奥まで沈着したシミはなかなか改善することが出来ません。 ニキビ跡によるシミは若くてもできることが多いので、ニキビは早いうちから対策をとりきちんと治すようにしましょう。

フェイシャルエステでニキビができにくい肌へ

フェイシャルエステに通うことで、ニキビケアやニキビ対策コースでなくてもニキビが出来にくい肌質にすることが出来ます。 まず、ニキビは肌の栄養不足から起こることが多いのです。 しかしエステサロンに通っていると、パックをして栄養を補給したりリンパマッサージをして栄養の流れを改善することが出来ます。 そのため、美白エステや小顔エステでもこれらの効果を実感することが出来、ニキビが出来にくい肌になることが出来るのです。

また、フェイシャルエステに通っていると定期的にプロに肌状態を見てもらうことが出来ます。 そのため、肌が荒れていたりニキビが出来そうなときにはアドバイスをしてもらうこともできるでしょう。 フェイシャルエステに通うことで美意識が高まり普段の生活習慣も改善することが出来ますし、自然とニキビが出来にくい、健康的で肌に良い生活を続けることが出来るのではないでしょうか。

フェイシャルエステに通い肌質を改善することは、ニキビが出来にくい丈夫な肌を作ることが出来るのです。 頻繁にできるニキビに悩んでいる人は、フェイシャルエステに通ってみてはいかがでしょうか。

更新履歴