ニキビのケアを間違うとシミになる?

ニキビのケアを間違うとシミになる?

ニキビケアを間違うと、シミになってしまうことがあるのです。
なぜかというと、ニキビが悪化したり放置したり間違ったスキンケアを続けていると、ニキビ跡になってしまい色素沈着となり、そこからシミになってしまう可能性があります。
ニキビ跡から起こる色素沈着は紫色もしくは赤黒か、茶色になることがあるのです。
紫色や赤黒いニキビ跡になるのはニキビのダメージが悪化していたときや内出血が起こった時におこる現象です。
見た目はあざのようになっていることが多いでしょう。
ニキビのせいで皮膚が薄くなってしまい、そのせいで内部の出血が見えてしまい紫色や赤黒く見えてしまうのです。
茶色い色素沈着は、ニキビ跡を放置したせいで起こることが多いでしょう。
ニキビ跡が出来ているのに紫外線を浴びたりそのままの状態にしていると完全にニキビ跡を治すことが出来なくなり茶色く残ってしまうのです。
茶色く肌の奥まで沈着したシミはなかなか改善することが出来ません。
ニキビ跡によるシミは若くてもできることが多いので、ニキビは早いうちから対策をとりきちんと治すようにしましょう。